ステートメント

私は独学でアートや絵の描き方を学んだ、セルフトート・アーティストである。

私の表現手段は主にアクリル抽象画であるが、絵画の他にも写真集や小説、エッセイなどを出版し、幅広いアート活動を続けている。

 

私は ”アート=生きること” と定義しており、人間が生きるにあたって遭遇する、ありとあらゆる事項や事象を取り扱う。

作品を制作する際にベースになっているのは、中国の道教思想(タオイズム)である。

 

この世界一切は道(タオ)でり、大いなる存在(神・空・絶対無限の存在)の表れであり、 人間もまた、大いなる存在の創造物である。 そして万物は、大いなる存在の可能性と創造性により、あるがままに移ろい、流れていく――

 

そういった意味で、絵画作品においては、画面をできる限り人為的、人工的に操作せず、 高度な技術によって作品を支配しようとせず、あるがままに、自身の内から沸き起こる色彩や形態、エネルギーを、直接的に表すことを試みている。

言い換えれば、私が描く絵画作品は、内なる世界(内的宇宙)が表層の物質世界に表れたものだといえる。

 

また、写真作品に至っては、スナップによるストレート・フォトを専門としている。どのカメラ(道具)を選ぶか、いつ、どの場所で、何を撮るのか、すべては大いなる存在に、自動的に動かされる形で、シンクロニシティー(共時性)によって決定していく。

写真作品においても、高度な技術に依拠することなく、あるがままの状態で、必然的、衝動的にシャッターを切る。

 

また、私が執筆する文芸作品においても、同じことが言える。

大いなる存在を感じ、あるいは大いなる存在と一体化し、作品は自動的、偶発的(必然的)に出来上がるのです。

 

総じて述べれば、私は宇宙のエネルギーを第六感によって掴み取り、五感を司る肉体で感じ、地球に未だ存在していない未知のエネルギーを下ろす。それらのエネルギーは愛であり、光と癒しである。

目に見えない、不可視のエネルギーを色や形や言葉にして地上に表し、定着させ、地球の波動を上昇させ、人類に僅かなりとも希望や光を見出してもらうことを、私のアート活動の目的としている。