小説『インディゴの悲しみ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小説『インディゴの悲しみ』
2007年 日本文学館刊 文庫本 123ページ ¥450
 

本来、自由に生きるはずのインディゴチルドレン、社会を変革していく使命を持って生まれてきたインディゴチルドレンが、なかなか社会と折り合いがつかず、抑圧されて苦しんでいるケースが多々見られます。

日本国内で何十万人も存在するといわれているニートや引きこもりの若者たちの中にも、社会でどのように生きていけばいいのか分からない、数多くのインディゴが含まれていると推察できます。

この小説では、そんなインディゴたちの応援歌として、悲しみや辛さを代弁し、自由に生きることとは何か?ということを問いかけ、一筋の希望を提示しています。

 

 

【ご購入方法】
現在、アマゾンの中古でお求めいただけます。